前へ
次へ

不動産登記の基本を理解しよう

不動産登記というと、何やらとても難しいものというイメージを持つ人も少なくありません。
不動産登記のイメージとしては、土地や建物の情報が記録されたファイルという感覚で捉えると分かりやすいです。
不動産登記では登記簿というものが存在します。
一般的に土地には区画ごとの地番が振られ、建物であれば家屋番号が振られています。
登記簿には、地番や家屋番号に関係する外形的な情報や権利関係などが記録されています。
登記簿に記載された情報は、管轄する地域の法務局でチェックすることができます。
誰でも必要なときに閲覧できるので、様々な場面で活用されています。
例えばアパートやマンションを借りるとき、その物件の情報が気になれば、登記簿であらかじめチェックすることが可能です。
不動産会社の宣伝では触れられていない事実が分かります。
魅力ある不動産物件ほど、その情報について詳しく知りたくなるものです。
そのときは、登記簿を使って調べると、様々な事実を知ることができます。

Page Top