前へ
次へ

外国人でも不動産登記ができるのがカンボジア

近年海外不動産投資を目指す人たちの数が増えてきています。
中でも人気が高いのがカンボジアです。
海外不動産投資の魅力とは一体何でしょうか。
それは何と言ってもカンボジアの成長性ではないかと睨んでいます。
投資をする国が成長していないと多くの利益をことができません。
カンボジアの一人当たりの GDP は今ようやく1000 USDを超えたところです。
これから大きな伸びが期待されています。
日本の一人当たりの GDP は2017年の統計では38500 USD となっています。
今のカンボジアを見ていると、まるで戦後の日本のような感じがします。
これから大きく伸びていくのは間違いのないところです。
その伸び率が大きければ大きいほど、不動産投資でより多くの収益を上げることができます。
カンボジアがこれほど注目されているのには理由があります。
カンボジア政府が外国人の不動産の売買を推奨しているからです。
さらに良いことには不動産売買の決済が USB でもできるのです。
タイやベトナムではこのような好条件はありません。
そして極めつけはカンボジアの不動産登記です。
カンボジアでは外国人でも不動産登記が自由にできるのです。
東南アジアの不動産投資ならばカンボジアで決まりです。

Page Top