前へ
次へ

カンボジアは外国人でも不動産登記ができます

日本の銀行に大金を預けておいてもさっぱり利息がつきません。
そんなわけで高齢者等は自己資金を防衛するために様々な手段を考えています。
不動産投資もその一つです。
ところが日本の不動産投資では、ご承知のように、沢山の不祥事のニュースが流れてきています。
これではリスクが高すぎて日本では不動産投資ができないということになります。
そんなわけで海外不動産投資に興味を持つ人たちが増えてきています。
海外不動産投資の一番ネックは情報収集が難しいということです。
書籍はおろかインターネットを利用しても最新の情報はなかなかつかめません。
最新の情報を入手しているのが東南アジアの現地に駐在している銀行の駐在員たちです。
東南アジア各国には銀行をはじめ様々な企業がビジネスを展開しています。
その情報収集の大元は現地に支店を構える日本の銀行ということになります。
ですから私たちが海外不動産投資をする時には、まず現地に支店を構える日本の銀行が提供する情報に頼ることがとても大切です。
実際多くの企業がその手段を使っているのです。
その情報によりますとカンボジアでは外国人でも不動産登記ができます。
外国人でも不動産登記ができるような国は東南アジアではカンボジアだけです。

Page Top