前へ
次へ

不動産登記手続きについて

不動産登記とは、土地や建物の物理的状況(地図、図面情報など)や権利状況を明確にするために登記簿に登記することを言います。
不動産登記は、法務局で行います。
知識があれば、自ら手続きすることもできますが、司法書士の先生に依頼して手続きをしてもらうことが一般的でしょう。
登記手続きが必要な場合をいくつか例に挙げますと、まず、不動産を購入した場合、所有権の保存・移転の登記、抵当権設定の登記が必要になります。
次に、引っ越したり、姓が変わったりすると、所有権登記名義人の氏名・住所の変更登記が必要になります。
さらに、住宅ローンを完済したときは、抵当権抹消の登記、不動産の所有者が亡くなった場合、相続の登記が必要になります。
司法書士の先生に相談したくてもどうやって依頼すればよいか、どのような先生に依頼すれば良いかわからない場合は、法務局のホームページに司法書士の先生の案内が設けられているため、参考にすると良いでしょう。

Page Top