前へ
次へ

カンボジアでは外国人でも不動産登記ができます

最近海外不動産投資先としてカンボジアを目指す人たちが増えてきています。
一体なぜ海外不動産投資でカンボジアを目指すのでしょうか。
それには大きな秘密が隠されていました。
日本の現在の状況は少子高齢化のために高齢者人口がどんどん増えてきています。
65歳以上の高齢者の人口は国民全体の1/4を占めるということです。
一方日本人の資産は総額1900兆円と言われています。
一億人の国民が赤ちゃんから子供まで含めて一人あたり1900万円を持っていればそれで1900兆円ということになります。
この1900兆円の7割に相当する金額が高齢者たちによって保有されているのです。
銀行金利はゼロですから高齢者達は今大変な状況に置かれています。
何とかしてお金がお金を生み出すような仕組みを見いだせなければなりません。
そこで注目されるのが海外不動産投資です。
中でもカンボジアが海外不動産投資先として注目されています。
その大きな理由はカンボジアでは外国人でも不動産の売買ができるということに尽きます。
それから不動産登記が外国人でも自由にできるという点があります。
不動産登記が外国人でも自由にできる国はカンボジアだけです。

Page Top